京都府中丹文化会館 
         外観           ホール・客席
                    
                      
           開館時間:9:00~22:00

           休館日:毎週月曜日(月曜日が国民の祝日にあたる日はその翌日)
                  年末年始(1/1~4、12/28~31)
会館の利用方法    

           施設利用にあたっての大まかな手順を以下に記しました。会館の「空き日」など詳しくは、会館におたずねください
客席図面 
会館見取図
会場使用料
  




 
利用の申請 

①お申込みは、使用される日の12ヶ月前から1け月前まで受付けます。
 (それ以前でも仮申し込みをしていただくことは可能です。ホール以外の施設は3ヶ月前から14日前です。)

②お申込みは、直接ご来館のうえ、所定の「使用承認申請書」のご提出をお願いします。
 ご利用内容等をお伺いした後、審査し使用内定を行ないます。
 お電話での仮申し込みもお伺いしますが、すみやかに「使用承認申請書」をご提出ください。



  
 
利用料金のお支払い 

基本使用料は、原則お申し込み時にお支払いください。お支払いいただいた後、使用許可書を発行いたします。
お振込みをご希望の場合は申し込み時にお伝えください。



 
事前打ち合わせ 

ホールをご利用のお客様は、進行計画、舞台装置、場内外整理等について、事前に打ち合わせをおねがいします。
(ご使用の10日前まで)スケジュール表プログラム等をご持参のうえ、催し物の運営全般、舞台の仕込み内容の分か
る方がご出演ください。
 
最終のご精算 
 


使用時間および使用料 
 
      ご利用当日に、付属設備使用料、冷暖房使用料など最終的なご精算をお願いします。

      ①使用時間の区分および使用料は別表のとおりです。

      ②承認を受けた時間以外の使用はできません。やむを得ない事由により承認時間を越えて使用しなければならない時は、
       事前に会館事務所にお申し出ください。

     ③使用時間は、会場の準備(大道具の搬入・搬出、音響・照明などの仕込み)、お客様の入退場、後始末に要する時間も
       含みますので、このことを充分考慮してお決めください。


使用上のご注意 
 
ご使用前のご準備 

     ①ご使用日の10日前までに、進行計画表、プログラム、台本などをご持参のうえ、舞台装置、音響、照明、進行、場内外整理
       について、職員と打ち合わせをしてください。

     ②会場責任者は、会場整理係、駐車場係。楽屋管理者などの担当者を定め、必ず職員と連絡を保つようにしてください。

     ③当日は、駐車場整理係を必ず配置してください。また、駐車場には限りがありますので、「お乗り合わせのうえお越しください」
       の主旨を関係者に周知し宣伝物等に明記してください。

     ④使用が許可された場合、関係官公署、団体等に必要な手続きをしてください。(消防関係、音楽著作権関係など) 
ご使用上のご注意 
 
     ①看板、ポスターなどの掲示は、あらかじめ職員と協議してから行ってください。

     ②使用者は次の事項を厳守し、関係者および入場者に責任をもって指示してください。
       1)定員1,000名以上の入場をさせないこと。
       2)みだりに火気を使用したり、危険な行為をしないこと。
       3)承認を受けないで、寄付金の募集、物品販売・陳列または飲食物の販売もしくは提供をしないこと。
       4)承認を受けないで広告類を提出し、またはまき散らさないこと。また、貼り紙・釘うち等をしないこと。
       5)館内での喫煙、アルコール類の飲食やホール内での飲食は禁止です。
       6)所定の場所以外から出入りしたり.、許可を受けた以外の器具を使用しないこと。
       7)雨天の場合、ぬれた雨傘のホール内持込みは禁止です。会館所定の傘袋(有料)の利用を徹底してください。

     ③使用者は責任を持って、弁当がらなどゴミはお持ち帰りください。


使用終了後のご注意 
 
     ①使用終了後は、直ちに器具または設備を撤去し、施設を現状に復帰させ、職員の点検を受けてください。

     ②会館付近あるいは館内に持ち込んだ看板、道具器具類などは、使用終了後直ちに撤去してください。


利用承認の許可ができない場合または取消す場合

      ①(公財)京都府中丹文化事業団の管理上支障があると認めたとき。

     ②公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき.。

     ③使用承認の申請に偽りがあったときや承認された使用条件に違反したとき。

     ④使用の権利を譲渡や転貸したとき。

     ⑤その他、事業団が判断したとき。